書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

生まれ変わる

生まれた環境は私にとって腐敗した土壌の中…なんの栄養も収穫もない空っぽの土地の中で、かろうじて命を繋いでいたようだ。

それを本能で分かっていた私は、その病巣から抜け出るかのように海外という新しい土壌の中で生まれ変わろうとずっと模索していたように思う。

今、腐敗した土壌から離れ、新しく自分の本当に望む土壌にゆっくりと体と心をなじませながら、確実に少しずつ根を張ろうとしているような蠢きを感じる。

そして、この花のように、新しく、みずみずしい、私の咲きたい花になる準備をしているように思う。

私は私の手で私を生まれ変わらせたい。
これが心からの私の望みだった。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ