書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

手間暇かける

仕事をしていた頃はずっと、一ヶ月もすると髪の毛のまとまりが悪いと思っていて、伸ばすまでもなく定期的にカットしていた。

そして美容室へ行った時にいつも感じていたのは、「ここのトリートメントはなんてよいものを使っているのだろう」とその日の髪の毛のまとまりに感動し、そして数日後にはまた元どおりの傷んだ髪になってしまい、また髪の毛を切るという繰り返しだった。

私の髪の毛の質がもともと悪いのだと思っていたし、美容室には技術があるのだと思い込んでいた。

しかし、ふとある日「あれ?今は美容室に行くことは随分と減ったのに、髪の毛のまとまりがよいし、柔らかくなったな」ということに気づいた。

なんでだろう…?

そう問いかけると、しばらくして急にその答えが降ってきた。

『手間暇をかける』

あぁ、これはトリートメントがよかったのでも技術の問題でもなんでもなかった。
この髪の毛にどれだけじっくりと手間暇をかけたのかが重要だったということだった。

自分にじっくりと手間、そして、さらに念を押すように暇もかけてやる。

そうすれば、私たちはいつだってピカピカになれるのだ。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ