書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

感じる「間」と、それを言葉にのせる「時間」と

五感を通してやってきた情報を、足早に通り過ぎることなく、ただ、そこにじっと留まる。

そして、どう感じているのかを探る「間」を作ってみる。
見たものから目を離さず一時停止させるように。
すると静かな沈黙から、なにかしらの感覚が自ずとやってくる。

その間と感覚の過程を味わい、その感覚を言葉にのせようという想いの詰まった言葉。
それは、とてもとても強いエネルギーを放っているように思う。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ