書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

沈黙ありきの言葉

今日は、半年ほど前からお世話になっているカウンセラー中野真作さんとのセッション。
以前にもブログで紹介したことのあるカウンセラーの方です。
親愛なる、心に寄り添うプロ - 書く癒し

中野さんに出会ったばかりの頃は、月に一回ぐらいのペースでセッションを受けていた。
始めの半年は、主に過去にあった出来事とそれに付随した感情を吐き出すことが多かった。
半年が経過した頃には、なにかひと段落したような感覚があって、今はなんとなく二カ月に一回ぐらいのペースでお話をしている。

今日のセッションは、いままでにはない深い深い沈黙がそこに流れていた。
いや、源泉を辿っていくと、もともとはこの沈黙しか存在していなかったのではないだろうか…。
単に「小さなわたし」の頭の中がとてもおしゃべりで、その「小さなわたし」にずっと同化してしまっていて、結果、もともとあったこの沈黙をかき消し、なかったことにしていたんだなぁと思う。
今日はそんな「沈黙するわたし」と「おしゃべりなわたし」そのどれにも同化するわけでもなく、それぞれの側面を行ったり来たりしながら、ゆらゆらとそれぞれを見つめていたような感じがした。

その沈黙の空間には、言葉にならないエネルギーが確かにあった。

その沈黙に浸かっているうちに、あぁ、もともとはこの沈黙の中で感じ取る微妙なエネルギーから言葉が創られたんだなぁということがなんとなく思い出された。
この微妙に感じるエネルギーをどうにか人と分かち合いたくて、言葉があったんだなぁ…と。

じっとその沈黙の中に身を委ねていると、目の前にいる人の瞳は「無」だった。
でも、その瞳をじっと見つめていると、それはさらに奥行きが感じられた。
その奥のスペースには、色んな経験や物語、そして深い悲しみや苦しみがギュッと詰まっているんだろうなぁ…ということがじんわりと感じられた。

『大変だったんだね』

思わずこう、呟いてしまった。

言葉なき、沈黙という会話。
そして、沈黙ありきの言葉を交わすこの体験がとても新鮮で、心地よかった。

そのうち、マッサージの施術を受けるような気楽さで、カウンセリングを受けるような世界になってほしいなぁ…。

★中野真作さんのホームページ

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ