読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

【4/19】小さな私と今の私との対話記録

今日は数日前から気になっていた体の感覚から、小さな私と対話してみることにする。

★体の感覚…右半身が痺れる感じ
★不快レベル…7

ーそこで何をしているのかな?
私の怒りをこうやって表しているの。
こうやって、血の循環を元に戻しているの。

ーそうか、どんな怒り?
反抗しているの。

ー誰に、反抗しているのかな?
今まで私を押さえつけてきた人たち。
今まで私を利用してきた人たち。
今まで私を一人の人間として接してくれなかった人たち。
その人たちに負けないように私は今、こうやって表現しているの。
血を循環させてやってるの。
開放させてやってるの。
これはね、私の体と心を守るためにやっているの。

ーそうなんだね。心と体を守ろうとしているんだね。
そうだよ。守らないと、また血が逆流して死んじゃうから。

ーそうなんだね。わかった。じゃあね、今の方法で十分に安全が守られていたとしたら、何を得られるんだと思う?
私の血の循環が十分に巡る。
そうすれば、私のいのちの安全がやってくる。
そうすれば、私の本来の生きたかった方向に進める。
私自身の価値観。
私の生きる軸に向かって花を咲かせられる。

ーそうだったんだね。
うん、だからね、今は詰まった血を元に戻していて違和感があると思うけど、じきによくなるよ。だからもう少し体を調整する時間が欲しいの。

ーそういうことだったんだね。
うん、そしたらおねーちゃんも私ももっと楽にね、リラックスしてね、すごくたくさんのことができるようになるよ。
だから、詰まった血を流してあげてね。

ーうん、分かった。私にもお手伝いできることはあるかな?
うん、今まで通り、睡眠、運動、マッサージ、お風呂に入ってリラックスできる時間をたくさん作ってね。
今は特に睡眠をよくとってあげてね。

ーうん、分かったよ。
じゃあね、自分の価値観が十分に分かったらどんないいことがあるんだと思う?
えーっとね。
自分も嬉しいし、周りも嬉しくなる。
そうやって調和のある世界が作れるよ。

ーそうなんだね。それがやりたいんだね。
笑顔。
うん、私とみんなの居場所を作りたいな。

★対話後の感覚…7
★対話後の気づき
今回は初めて対話後も体の感覚に変化がなかった。
でも、この感覚は長年の抑え付けたことを解放していく大事な過程であって、微妙な感覚に気づけただけでもよしとしたいと思った。
また、今は大きな流れの過渡期にあるのだと思うが、その過程をひとつひとつ味わっていこうと思う。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ