書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

自分軸へのシフト

他者を中心とする行動が増えてくると、「イライラ」という感覚のサインが現れる。
それは例えるならば、自分の心にある空間が、他者で満杯になり、息苦しいと叫んでいる証。

だからこそ、イライラしたその瞬間に、自らに問いかけてみる。

「じゃあ、本当は私はどうしたかったの?」
「私は今、どうしたいの?」

そこから導かれた答え。
それこそが、私自身が持つ価値観。

その価値観を日々の出来事の中で、淡々と問いかける。
それを掘り出していけばいくほど、自ずと自分の軸へとシフトされていく。
そして、自分の軸であればあるほど、根っこが安定するように思う。

それと同時に、安心感は誰かや何かによってもたらされるのものでは全くなかったことに気がつく。

外から言われたことを鵜呑みにすることなく、自分自身が大切にしている価値観を自らに問いかけ、誠実に答えていく。
そして、その自分軸を決めたなら、淡々と行動し続ける。
それこそが、本当の安心感に繋がり、自信につながり、本当に望む花を咲かせられるのだろう。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ