読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

【3/6】小さな私と今の私の対話記録

小さな私との対話記録

今日もまたある過去の情景をぼんやりと思い出してみた。

場面
『小学校の頃、好きな人にチョコレートをこっそり渡したら、男の同級生にからかわれた。』

ーその時、どう思ったの?
なんでそれがからかわれるのか分からなかった。
でも何にも言えなくて悔しくて泣いちゃったの。
そしたら、もっと面白がって私のことをからかったのが本当に嫌だった。

ーそうだったんだね、悔しかったね。
うん、そう悔しかった。
好きな人に好きと言うのがダメなんだってその時に思ったの。
だから、素直に言えなくなった。
だから男の子は大嫌いになった。
またからかわれたら嫌だったから避けるようになったんだよ。

ーそっか、傷つきたくなかったんだね。
そう、だからまた男の子が通りがかるとね、すごく緊張するの。

ーそうか、そうだったんだね。
うん、通りがかるとまた何か嫌なことされるんじゃないかって身構えちゃうの。

ー身構えちゃうんだね。
そう。怖くなっちゃうから、距離を取るようにしてるんだよ。

ーそういうことだったんだ。
そうだよ。私を守るためだよ。

ーそうだったんだね、聞かせてくれてありがとう。守ることでどうしたかったの?
自分の考えを尊重したかったの。
だってね、本当は自分の中で好きな人ができて、それを伝えることはね、すごく貴重で素晴らしいことだって分かっているから。

ーそこまでちゃんと分かってるんだね。
うん、ちゃんと心の中では知ってたんだよ。
その考えをね他の人の意見で曲げたくなかった。
クラス中がからかったんだけれど、それでも私がしたことは何も悪くないし、心ない言葉でかき消したくなかった。
だから、恋愛とか男女とか特別な関係に限らずね、人間として素晴らしいなってことは出会った人すべてには伝えたいって思ってるよ。

ーそれはいいことだね。私もそう思うよ。
うん!
小さな私はとても嬉しそうに笑顔になった。

私の中にずっと震えていた小さな私の存在を認識してからしばらく経つ。
彼女は私の想像を遥かに超えて、色んなことをよく分かっているし、なによりも私の味方になろうと一生懸命頑張ってくれていたことが感じるのだ。

そして、このとてもかわいらしい小さな私と対話すればするほど、私へある場所へ道案内してくれているようでもあった。

一体、私をどこに連れてってくれるのだろう。
そこにはきっと大きなサプライズが待ってる予感がする。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ