読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

付かず離れずを貫く

私自身とは何があってもずっと離れられない。
だけど、私以外とは付かず離れずの距離を貫く。

それがたとえ家族であろうが、パートナーであろうが、近しい人であったとしても。

自分以外の人とは、どうしたって付かず離れずの距離を保ち続けることしかできないのだ。