書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

空白の世界

ふと、空白の世界が訪れることがある。

散歩したり走ってる時。
バイクに乗っている時。
ボケーっと寝そべっている時。
何かを書き写している時。
折り紙を折ってる時。
美しい花や風景を見て写真を撮っている時。
大好きな人に抱きしめられている時。
大好きな音楽を聴いて掃除している時。
マッサージしてもらってる時。
湯船にゆっくりと浸かっている時。
好きな歌を聴きながら歌っている時。

この時間はなんだか空白の世界にいるようだ。

その世界にいる瞬間は、あらゆる喜怒哀楽や悩みや悲しみや苦しみや悩みと言われるさまざまな想いから少し遠ざかっているような感じがする。