読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

根っこと花、内と外

それは全てそういうことだった。

もともと私の内面にあるものでなければ、外側のものは見えない。
もともと私の内面にあるものでなければ、外側のものは聞こえない。
もともと私の内面にあるものでなければ、外側にあるものは響かない。
もともと私の内面にあるものでなければ、外側の何かを感じることはない。

もともと全ては、私の内面に眠っているものしか現れようがなかった。

全てはとても当たり前過ぎて見えなかった「私の内面」という目に見えない根っこから表現された花であり、景色であり、人であり、状況でてり、モノという目に見える形に過ぎなかった。

単にその瞬間瞬間の連続に過ぎなかった。

★いつもご訪問ありがとうございます。
応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ