読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

心からの望み・ニセモノの望みの違い

今までの人生で、達成できたことと、そうでないことをそれぞれ並べてみて、その違いについて考察してみた。

☆達成したこと
・大学受験合格
・韓国への留学
・中国での仕事
・バイク購入
・今の旦那との結婚
・大学の学費返済

★達成できなかったこと
・日本語講師検定試験
・日本で正社員雇用
・カウンセラーの資格を取る
・日本で知り合った人との結婚
・懸賞応募

よく眺めているうちに気づいたこと。

それは、達成したことは全て、私の価値観に基づいた本心からの望みで、達成できなかったことは、周りから植え付けられていた価値観を自分の望みと取り違えていたことだった。

また、達成した望みは自分の心に直結しているので、行動力につながるだけの強いエネルギーがあり、達成できなかった望みは、外から与えられた価値観に基づいていたり、人と比較してどうなのかに基づいていた。
それは「あればいいな」程度の思いなので、エネルギーも弱く、実のところ、奥深いところでは本当に望んだものではないことを知った。

そんな分析をするうちに「私の今の本当の望みは何なのか?」と何度も何度も自分に問いかけ、正直な心で本当の望みを明らかにして、答え続けていく継続力が大切だ。

また、その望みが親や、周囲や、雑誌や巷で造られ用意された「既製品の望み」から仕方なく選ぶのではなく、私の心から湧き起こる「オリジナルな望み」をイメージし、それを創造していくことができるのだ。

だから、私は、これからも心からの望みと行動の連続の中で私は生きることにエネルギーを注ぎ続けることだろう。
それは「私が運命を創り続けている」ことを明確に自覚したからだ。

★応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします(ありがとうございます!)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村