書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

もう一度、自分と繋がり直す

毎日、光を浴びながらふと感じる。

ずっと抱えていた矛盾が今やっと解き放たれつつある感じがするのだ。

f:id:EarthAngelLight:20161103122845j:image

私には、白もあり得れば黒もあり得る。

私には、好きもあれば嫌いもあり得る。

私には、美しさもあれば、醜さもあり得る。

私には、善もあれば、悪もあり得る。

私には、心地よさも心地悪さもあり得る。

「どっちもあり得る」ということを素直に、そして心から認められるとどんどんと心が軽くなってくる。

今まではどこかで「正しさ」という言葉をふりかざし、その正しさだけを存在させ、正しくないものを消し去ろうと必死になって生きていた。

でもそれは、自分の一部を切り離していたことに私はやっと気づいた。

「良い・悪い」というその基準は単にひとつの形として現れたに過ぎず、しかもその基準もどこかの誰かが決めた単なるひとつの形でしかなく、その形がいつまでも同じであるということはあり得ないことを知った。

そして、もっと根源的な深いところへ目を向けてみると、そのふたつの現れは実のところ、同じエネルギーから創られていることに辿り着く。

そして、その奥の、根源の方に目を向ければ向けるほど、それは同じエネルギーであることが感じられ、今まで強く否定し続けていたものと、もう一度見直す機会を与えてくれた。

お酒やモノに溺れたり、いつもイライラしたりしている人を、私は心の中で瞬間的に忌み嫌い、切り離して終わらせていた。

けれども、それをよく見つめてみると、普段、誰かのルールに従い続け、とても繊細な心をぐっと抑え我慢し滞ってしまったエネルギーのバランスを元に戻そうとした単なるひとつの現れだった。

怒りに狂っている人をただ嫌がって切り離さずにじっと見つめてみる。

すると、そこにはやりきれない悲しさを抱えていたエネルギーをどうにか吐き出そうと必死な現れであることが見える。

暴力や虐待は、長い間抑え続けた怒りや悲しみをもうどこにもしまい込むことができずに噴出したエネルギーの現れ。

依存したりしがみつく人をムカついて嫌がっていたのをよく見つめると「自分は弱い存在」だと強く信じ込み、喪失感でいっぱいな気持ちをどうすることもできないエネルギーの現れ。

太っているひとを忌み嫌っていたのをよく見つめると、それは寂しさ・苦しさ・痛み・虚しさ・退屈さ…こんな色んなものと向き合うことを全て放棄した人が、食べ物で紛らわせていた形に過ぎなかったことを。

おせっかいで人のことばかり口うるさく世話を焼こうとする人をうざったいと思ってた人をよく見つめる。

すると、そこには自分の価値を完全に忘れてしまった人が見える。

自分の価値を見出せずに苦しんでいることに気づかず、自分以外の人に認められればいいのだと信じ込み、必死にエネルギーを注いでいるひとつの現れ。

ルールを守らない人を嫌っていたのをよく見つめると、そこにはルールを守れないほど何かに疲弊している人のエネルギーの現れ。

大きな音を出す人を嫌がっていたが、よく見るとそれは自分自身への怒りや不満でいっぱいな人のひとつの現れ。

正しさを強く主張し相手を批判する人は、自分自身へ無数の厳しいルールを課し、そのルールに苦しみ、それをどうにかして発散させたいエネルギーの現れ。

いつもおどけている人をよく見つめると、面倒なことや苦しいことはもう経験したくなくて回避していたいというエネルギーの現れ。

いつも支配的な行動をする人をよく見つめると、権威を振りかざさないと自分には人が集まってこないのだという孤独のエネルギーの現れ。

利益ばかりを考え行動する人をよく見つめると、過去に利用されたり、傷ついた悲しみで人を信じられないことの現れ。

起こるか分からないことにばかり心配し時間を費やす人をよく見てみると、自分には頼るものがなにもないと信じ込んでる人が見える。

また、近くの人から心配ばかりされ、私には力がないのだと信じ込み、そんな方法でしか人と接することを知らないということのひとつのエネルギー。

他の人にとっていい人やいい仕事や肩書きを第一に生きている人は、自分には力も価値もないと信じ込み、自信が持てず、人からの賞賛でかろうじて生きていこうとしているエネルギーの現れ。

こんな風に並べれば並べるほど、否定し切り離していたエネルギーはどれもとても根源的なエネルギーから来たひとつの形だったことが見えてくる。

どれもこれもただ何かを固く信じてそれに従って行動をしている人たちがいるだけだった。

すると、不思議なことにただ嫌って見ないようにしていたものや、怖さがどんどんと緩んでいく。

そして、エネルギーが元の位置に整えられるような感覚がする。

すると、「形」にばかり囚われ続けていた自分からどんどんと解き放たれて、もう一度自分と深く繋がってくる感じがする。

なんだかとても深い安心感に包まれている感覚がする。

f:id:EarthAngelLight:20161103135544j:image

そして私は。

私が望むのならば、いつだって、もっともっと自分と繋がれるのだ。