書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

「それ」は、ひとつのエネルギー

f:id:EarthAngelLight:20161028145941j:image

色んなものをよく見ていくうちに。

目をそらさず見ていくうちに。

ただそこにある色んなものが、歪曲することなくよく見えてきた感じがしてきた。

怒りも喜びも。

悲しみも苦しみも。

完璧も不完全さも。

退屈も充実も。

心奪われることも忌み嫌うことも。

涙も笑いも。

失敗も成功も。

恐れも安心も。

貧乏もお金持ちも。

心地よさも心地悪さも。

醜さも美しさも。

老いも若きも。

憎しみも愛情も。

弱さも強さも。

みじめさも歓喜も。

この自然界に存在しているありとあらゆるものたちは。

ただ振り子のようにやってきてはそして去っていく。

くるくると風景が変わりながらやってきては去っていく。

そして、実のところ、そのひとつひとつのエネルギーの根っこはいつも同じだったことが見えてくる。

ずっとまえから変わらないひとつのエネルギー。

f:id:EarthAngelLight:20161028145832j:image

そしたらなんだかとてもホッとした。

やっと許された感じがしてホッとした。