読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

この想いに居場所を

私は両親から大切に扱われた感覚がなく、悲しみから怒りにへと変わり、そして感覚を麻痺させてきました。

そして、子供という理由で私に暴力を振るいいじめた両親を、小さい私は怒り狂って許せなくてそして未だにそんな両親を信じたくありません。

両親は子供を利用する存在だと信じていることに私は未だに怒っています。

私は大切な人に大切にされなかった傷がずっとずっと痛んでいます。

愛してもらいたい人に裏切られた想いがまだそこに残っています。

そんな当の本人たちはすっかり忘れて、また私を利用しようとするのではないかと疑っています。

私には愛してもらいたい人に捨てられた傷がまだ痛みます。

私はそんな人たちを執念深く許したくないと思っています。

そして私には大切にしたい存在を守れなかったという心残りがあります。

私はこんな複雑で面倒な想いたちにも居場所をあげたいと思っています。

なぜなら…私がこの存在を認めなければ、居場所を与えなれば、この想いは行き場がなくなってしまうのです。

f:id:EarthAngelLight:20160913125806j:image

だから、この想いにも安らかな居場所を。