書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

西オーストラリア、1000キロの旅①

オーストラリアは春の兆し。

今週はパースから北上、春限定のワイルドフラワーの旅へ。

待ちに待った春のお花探検。

一泊二日で1000キロの旅。

(さすが、オーストラリア。でかい)

約12000種類のワイルドフラワーがあるというから驚き。

一生かかるかも。はは。

f:id:EarthAngelLight:20160827154214j:image

走る道はひたすら空だけ!

周りには見渡す限り、本当に何にもなく、走行中に大声で二人で叫んでみる。

スッキリ。

都会生活、どこかで人のことを気にしながら生きてるんだなぁと改めて実感。

f:id:EarthAngelLight:20160827161055j:image

調子に乗ってこんな写真も撮ってみる。

(雲を持ち上げてる図)

f:id:EarthAngelLight:20160827154746j:image

のんびりと草をむしゃむしゃと食べる羊たち。

羊ってこんなにひたすら食べるんだ…。

どおりで、私の周りにいる羊年の人たちも食べるのが好きなのかとやたら納得してしまう。

f:id:EarthAngelLight:20160827155145j:image

いつもとあまりに違う空にただ見惚れる。

 

一日目に行ったスポットはPinnaclesという自然公園の中にある石。

(なんだか墓石みたいで私はあんまり好きじゃなかったが…)

あんまりにも大きすぎるワイルドな公園なので、車で散策。

f:id:EarthAngelLight:20160827155816j:image

なぜにこんなに石があるのかも、そして風で形が変わっているこの光景もとても不思議だった。

『ただ、そこに存在するものたち』をたた感じる。

f:id:EarthAngelLight:20160827194051j:image

f:id:EarthAngelLight:20160827194303j:image

この乾燥した土地=環境で育つ植物は、生命力も強そうだった。
旦那いわく、持ち帰ったとしても土が変われば育たないとのこと。
うーん、自然の知恵は奥深い…。

f:id:EarthAngelLight:20160827194418j:image

北上中に広がってきたインド洋の海。

f:id:EarthAngelLight:20160827194543j:image

とにかく圧巻の景色。

 

ワイルドフラワーの旅のはずが、一日目は、土地が大きすぎてただ、走って走って走り抜けた。

まぁ、これもまた旅の醍醐味。

そして夕暮れ時。

f:id:EarthAngelLight:20160827161415j:image

夕陽を見ようと、慌てて海辺の方向へ走らせる。

f:id:EarthAngelLight:20160827161439j:image

f:id:EarthAngelLight:20160827161632j:image

あっという間に日が落ちる。

f:id:EarthAngelLight:20160827193737j:image

すると、すぐに暗闇に覆われた。

この日、何度この空を見ては、美しさにため息をついただろう。 

こんな風景など知らずに育った人間にとって、この大自然にはどちらかというと恐れおののいてしまっていた。

f:id:EarthAngelLight:20160828182533j:image

おまけ。

夕食のレストランで見つけたでかいくまさんとツーショット。