書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

言葉にならない不安

空っぽだと認めることへ抵抗が相変わらず続いているようだ。

希望もあるが、どちらかといえば困惑の方が強く感じる。

空っぽな感じは、自分が死んでしまう感じがして我慢ならなくなる。

そんな空っぽは、じっと動かずになにもしないような感じがして、死に近づいてるようで急に怖さに覆われることがある。

突然、言いようもない不安にかられ、気が狂いそうになることがある。

「死」を認めたくない衝動にかられ、ここ数日、とてもそわそわしたり、なにかをせずにはいられなくなる。

けだるさもあって死んだように眠ってみるが、目を覚ませば、あいかわらずそこに居座っている不安。

これにどう対処すればいいのかよく分からなくて困惑してる。

書くことでかろうじて支えてる。

f:id:EarthAngelLight:20160823224355j:image

あの信じてた「私」がだんだんと死んでいくようで不安でしがみついているような…?

そして、突然、大海原に放り投げられそうな気分で、心細さに不安で溺れそうだ。