書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

あがらいから降伏する

今日は新月。

願い事は…

「色んなあがらいから降伏する」

 

きっとこれからも、色んな出来事が想像もしない形で通り過ぎることだろう。

その出来事たちはきっと、相変わらず色んな喜怒哀楽がくっついていることだろう。

相変わらず痛みも感じることもあるだろうし、孤独を感じるのかもしれない。

罪悪感も感じたり、自分を卑下したり否定したり、自分には生きている価値なんてないのだと、激しく追い込んだりすることもあるかもしれない。

人を疑ったり信じないこともあるかもしれない。

そして、心から笑って過ごすこともあったり、とてもリラックスして過ごしているのかもしれない。

 

色んな形でやってくるものをただ淡々と受け止めて流してやる。

色んな形の雲を眺めるように。

そして、その起こるものいろんな形に誰かというのは存在しないのだ。

 

ネガティブとレッテルを貼られてる感情を嫌がったりせず、起こるべくして起こっているという視点を忘れずにいよう。

そのひとりひとりが抱えた頑固な思い込みや頭の中のささやきにさえ気づけば、いつか通り過ぎ、消え去るのだと。

f:id:EarthAngelLight:20160704205657j:image

そして私はあの深い感情がべったりとこびりついた夢から覚めてゆくのだ。

やっと思い出したこれを忘れないよう、ここに記す。