書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

「何となく」から「意図する」へのシフト

何となく周囲の人が誘うから、食べたくもない食事を好きでもない人と時間を過ごすこと。

何となく時間があるからブラブラする。

ブラブラするうちに何となく買ってみる。

何となくみんなが言うから就職活動をする。

何となくみんながしてるから結婚して子供を生む。

もらったものだからと、食べたくもないものを何となく受け入れ食べる。

そして何となくお礼を言う。

 

今までの私は、こんな多くの何となくを受け入れた結果、私は失ってたものに全く気づいていなかった。

 

生命とも言える時間。

私の大切な身体。

大切なお金。

自分を心を我慢させて、他の人を優先させたこと。

 

今、私の心の声はシフトしたいと願っている。

何となくでイエスを言う自分を捨て、今私自身の心がしたいかどうかで意志を持って決定したい、と。

嫌われたり否定されることが怖いから、受け入れてた自分からさよならしたい。

f:id:EarthAngelLight:20160630123118j:image

もう私は私に受け入れて欲しいことに気づいた。

今までの人生を覆したい、変わりたい自分が存在している。

自分の生命に責任を持ちたくて、意図して決定する人生を送りたいのだ。