読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

病からの感情

病という名の恐れの感情。

f:id:EarthAngelLight:20160608105556j:image

それは、痛みの記憶と繋がっているのかもしれない。

そしてそれをもっと奥深くたどれば、恐れの記憶とも繋がっているからなのだろう。

病は単なるひとつの象徴で、もとはやっぱり恐れに突き当たるのだろう。

光を喜び闇を恐れるように、もしかすると恐れもまた、自然な感情のひとつなのかもしれない。

その自然な感情を過敏に扱っていたのかもしれない。

f:id:EarthAngelLight:20160608120507j:image

それに気づいた途端、ぎゅっと怖くて握り続けていた恐れがちょっとだけ緩んだような気がした。