書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

不完全さを受け止める寛容さ


別れに悲しみを感じたこと。
無関心に悲しみを感じたこと。
裏切りに痛みを感じたこと。
虐げられて恨みを感じたこと。
裏切られ憎しみを感じること。
未知のものに不安を感じたこと。
人を信じられずに苦しむこと。
差別に言いようもない苦しみを感じたこと。
知らない世界を恐れること。
分かり合えないことにいらだちを感じること。

ずっと感じてないフリをしてきた。
その先を見てしまうと、私が死んでしまうような気がして切り捨ててきた。

f:id:EarthAngelLight:20160416160928j:image

でも…。
今は、この静寂の中で不完全なものをもっと見てあげたくなった。
その「ネガティブ」というレッテルの下には、驚くべき素晴らしさが隠されているから。

f:id:EarthAngelLight:20160416160841j:image

それは、なくしたまま忘れ去られた大切な宝物。

不完全なものも、素晴らしさも。
目をそらさず、同じように感じて、じっと静かに見つめてあげてみる。
すると、その先に私が想像もしなかった無数の宝物に気づける。
みんなが持ってる素晴らしい宝物。

私はなんでもできる。
私はなんでも望むものを手に入れられる。
私は望む人生を歩けるようになる。

どんどん自由になれる道。
どんどん力強さを感じる道。
自由自在に描ける道。
これが認めるということであって、ありのままということかもしれない。

まだまだ不完全なことだらけだけど。
まだまだ見たこともないことに遭遇するだろうけど。
心引き裂かれそうになるかもしれないけど。
どうしようもない感情に溺れることもあるかもしれないけど。
この不完全さをもまるごと受け止めて生きていればいいと、寛容な心がそっと教えてくれている。

その宝物こそ、私の望みを叶えられる魔法。
それはずっと、昔から今まで私がずっと握っていたことを静かに感じる。