読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

【3/26】小さい私と今の私との対話記録

小さな私との対話記録

今日は気になっていることについて話し合いたくなり、小さな私へこの質問から始めてみた。

★質問
『子供を持ちたいのはなぜ?』

ーなんで子供を持ちたいのかな?
子供を単に持ちたいってことじゃないの。
今のとても愛しているパートナーとの子供が欲しいって思っているのは確かなんだよ。
けれども、過去に二回流産したこととか、年齢とかリスクもあって迷うことも正直多くてね、心細く感じているの。
ある時はまた傷つくぐらいなら、諦めた方が楽じゃないかってこともよく考えたりもする。
今のままでもいいんじゃないのかって…。
勇気が出なくて足がすくむこともある。
またまた流産したらとかって気持ちに覆われそうになるの…。
そうなっちゃうとね、私の身体と心が犠牲になるのか…というナーバスな気持ちに流れちゃったりして、その中で迷いながら過ごすこともある。

ーそうなんだね。今、犠牲って言葉が出てきたんだけれど、それは本当に「犠牲」なのかな?
どうなんだろう…。

ーどうかな…?
初めて授かった時は純粋にとても嬉しかった。
でも、流産してしまった時は同じぐらいすごくショックだったし辛かった。
しばらく立ち直れなかった。
手術して自分の身体を傷つけたって思った。
なんで、女の人だけがリスクを負うのかって。

ーそうなんだね。女の人だけがリスクをって思ってたんだね。このことは、失ったことばかりだったのかな?
…ううん、それは違う。
初めての妊娠があって、その時の旦那の対応や行動を見て、この人となら大丈夫だって思えた。
だから結婚しようって決断できた。
だから…本当は、同時に得られたこともあった。
あとは、自分の身体のよくない場所を教えてくれていたって今ならそう思える。

ーそうか。じゃあ、得られたものもあったんだね。じゃあね、二回目の流産の時はどうだったのか教えてくれる?
二回目は一回目とは違ってね、心臓がちゃんと動いてくれていた。
だから分かったの。
この子はしっかりと生きようとしていたことが分かった。
あとは私の体も回復しようとしているんだってことも分かったの。
この子は意志を持ってここに来たがっているんだってことが分かった。

ーじゃあね、もう一度聞くけど、これは「犠牲」なのかな?
ううん、本当は…違う。
これは紛れもなく私が選んだこと。
だから、選んだことに対しての、今の結果も、私がきちんと向き合うべき私の課題。
「犠牲」なんかじゃない。
犠牲って言ってたのは、他の誰かのせいにしようとしていた私の心の問題。
旦那のせいでもなんでもない。
私と旦那が同じ気持ちで妊娠を望み、それに挑んでいる。
その結果が現状はそうだったってこと。

あとね、妊娠は…お腹の中で育てられるのは女の私しかできないこと。
だから、私の体が引き受けること。
だから、この子を迎えられるために身体の準備でできることを全力で考えて行動していかなきゃって思っている。

ーそうか。
うん、そう。

ーじゃあ、どうしようか?
怖くても、正しく情報を得て、決断して、行動していく。
ひとつひとつ乗り越えていきたい。
子供を迎えられるためにできることをしたい。

ーまだ心細くて、足がすくむかな?
うん…そうだね…まだ、また身体と心のダメージを受けたら辛いなぁって想像する。

ーそうだね、それも辛いね。
うん、とても怖いの。
だから、やめちゃいたいって思う気持ちも出て来てすごく揺れることもある。

ーそうか、でも迎えるのをやめたら後悔はしない?
それはやっぱり後悔すると思う。
あと私だけの問題じゃなくて、パートナーにとっても選択する権利があるから難しい。
ただ、時間はまだ残されていて、ズルズルと先送りのままにしてしまったらそれはきっと本当に後悔してしまうと思う。
旦那も私との子供を本当に望んでいるって分かるから。

ーそうか、じゃあ本当はどうしたいんだと思う?
お互い望んでいることだから怖いけど、やっぱりチャレンジしたい。
時間にも制限がある中で、私が積極的に試してみたいと思うことはやっておきたい!
そして、自分の身体をきちんと責任持つ意識も必要だと思う。
手術をする決断も全部、私が決めることだから。

ーそうか、じゃ、今まで試してみたことは?
生活習慣は見直して、お酒ももうやめた。
体が冷えていることに気づけたから運動、マッサージ、食事、睡眠はしっかりと摂るように意識するようにもなった。
住環境も健康的になってきた。
今は血液検査もしながら、きちんと自分の身体を把握したり…。
妊娠の手助けになるのならば、手術も積極的にしようと思う。

ーそうか、じゃあ少しずつ前向きに行動はしてきたんだね。
うん、そう。
健康を取り戻している実感はあるんだよ。

でもね…、私の心と身体にもペースがある。
あれもこれもと他者のペースに巻き込まれたり、急かされたりするのはすごく嫌なの。
私は自分の課題を受け身の精神状態で、他人任せにしたくないって価値観を持っている。
ひとつひとつきちんと私が決断して、私のペースで進めたい。
あとは、何を決断するにもメリットとデメリットがあって、医療の手を加えるのも私の身体の負担がかかることをきちんと考慮してあげたい。
その知識を集めて考慮して決めるにも考える時間が必要だと思う。

もし、自分の身体や心のダメージや大きかったり、妊娠にとってのデメリットもあることも考えて、手術をやらないっていう選択肢もある。
手術をする目的は、妊娠して旦那との子供を迎える準備をしたいってことだから。
まずは正しい知識を持って、決断していきたい。

ーそうか、よく考えてるんだね。じゃあ、もう一度聞きたいのだけれど、子供を持つことで、一体、どんな感覚を得たいと思っているのかな?

…二人で経験して、体験して、成長したいんだと思う。
今もそうだし、きっとこれからも答えのない答えを探す必要のある状況がたくさんあるはず。
けれど、こういうひとつひとつが、愛する人との共同作業で、その延長線上にある子育てを今の環境で体験してみたい。
ううん、もう今すでに、旦那との出会って、初めての流産を経験から、たくさんの答えのないクエスチョンを旦那と一緒に探そうとしている。
もうすでに始まっているんだと思う。
色々ぶつかることもあるし、分かり合えなくて辛いこともある。
今のこの経過も含めてひとつひとつ経験していきたい。
そしたら、今、苦い思いしたことも含めて、振り返るとかけがえのない出来事に変わるんじゃないかなって思う。
苦労して子供が授かった時、とても感謝して毎日を過ごせるんだと思うから。

ーそうか、そうなんだね。
うん、もう数年前から疑問の中で過ごしていて、その答えを探そうとしているんだと思う。

ーどんな体験?
苦楽を一緒に分かち合いたい。
夫婦の絆を深めて、そして成長したい。
そうやって愛し愛される居場所を私の手で創りたい。

ーそうするとどんな気持ちになるの。
嬉しい。
だからね、こういうこともひとつひとつ話し合いながら、一緒に足並みを揃えながら、私は、結局は私自身を生き直したいんだと思うんだ。
私は、私を愛し直したい。
私は、私と認め直したい。
私は、まっさらに生まれ変わりたがっているんだと思う。

だから…生まれた子供は別の人格であって、私の一部ではないし所有物でもない。
本当は…私は、私ときちんとやり直したいだけなんだと思う。
だからこの問題ともしっかり向き合って、小さな私もみんなが喜ぶ決断をしたいんだと思う。

私は先に自分への愛を注ぎたいんだと思うし、自分をもう一度生きたいって気持ちを持っていたんだと思う。

でも、少し前までの私は、子供をそれに利用しよう、依存しようとしてたのも少しはあったのかもしれない。
でも今は違う。

だから今は…まずは自分の身体と心を愛したいって思うの。
健康になって、自己愛を高めて、自分を生き直したい。

私はもう一度、自分への愛を自ら注いで、生まれ変わりたがっているんだと思う。

★気づき
対話の中で、本当の私が大切に思っている価値観「他人任せにせず、私の手で納得できる情報を収集し、私が検討し、私が決断し行動する」という考えを見つけることができた。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

【3/24】小さな私と今の私との対話記録

小さな私との対話記録

最近、特に感じること。
それは、私はいかに頭脳に頼り過ぎて頭でっかちになり、体の感覚を置き去りにしてしまっていたということだった。
いつも頭の中の想像だけで体感した気になってしまっていたということ。
そして、この頭脳によって恐れも生み出していたことに気がついた。
今は実際に体を動かす時間を積極的に持ち、この身体の色んな場所を積極的に触れてみるようにしている。
すると、頭で考えていたこととのギャップがしっかりと感じられ、感じる力が育っているように思う。
そして、身体を動かせば動かすほど、頭の中は静かになり、感じる世界にシフトしているようだ。

★右側の卵巣の痛み
★痛みレベル…8(時と場合により)

ーそこで何をしているの?
隠れているの。

ーなぜ、隠れているの?
見つからないように。

ー見つかるとどうなるの?
殺されるから。

ー誰に殺されるの?
大きい人だよ。
だから隠れているの。

ーなんで隠れるのかな?
いつもプレッシャーをかけて、言葉で私を操ろうとする。
私のことをいつも無視する。
私のことを所有物のように扱って、粗末にして、尊重してくれない。
そんな方法に従うのはもう嫌!!
だから逃げてね、ここでじっと隠れているの。

ーそうなんだったんだね。
そう、ここは冷たいし小さいから誰も気づかない。
ずっとここに隠れていたの。
ここは絶対に見つからないよ。
ここから離れたくない。

ーそうだったんだね。
ここなら、大丈夫かなって。
だからいつもここにいたの。

ーそうだったんだね。そこはどんなところ?
小さくて、窮屈だよ。
それに冷たい。

ーそこは居心地いい?
ううん、居心地は悪い。
寒いけど、一番安全だから仕方なくいるの。

…本当は寒くて死にそう。
本当はここから出たい。
本当はあったかい場所がいい。

ーそうか、今は怖い人はいないからもう出てきていいよ。
でも、どこかに隠れてるかもしれない。
まだ怖いよ。

ーそうか、じゃあどうしたいかな?
少しだけ周りをよく確かめて様子を見てみようと思う。
確かめる時間がほしい。

ーうん、分かったよ。確かめていいからね。ここなら大丈夫だよ。あったかいし、おいしいものもあるから。いつでも出てきていいんだからね。
うん、本当はね、この寒さを我慢したくない。
自分を抑えたくもない。
あったかいところに早く行きたい。

ーそうか、そうしてもいいんだからね。よく見てみて、ここにはもう怖い人はここにいないよ。
そうか。いないんだね。

ーうん、もういないから大丈夫。
うん、分かった。
…本当はね、安全で、静かで、あったかいところに移動して、思い切り眠りたかったんだ。

ーうん、ここは一年間過ごしてきて、そうじゃなかった?
うん、ここは大丈夫そう。
うん、今はいないみたい。

ーじゃあ、遠慮しないで、いつでも自分のタイミングで出てきていいんだからね。
うん、分かった。

★痛みレベル…3(昨日は途中で起きることなく眠れた。)

★気づき
とにかく小さい私は、昔の恐怖の中でぐるぐると生き続けていたように感じた。
会話中、質問をゆっくり続けながら、彼女には我慢やコントロールを強いてはならないと直感的に思った。
なぜなら、今までさんざん我慢とコントロールを強いられる環境に居続けていたからた。
なので、彼女のどんな発言もまずはそのまま受け止める言葉を意識的に使った。
そしてとにかく「じゃあそうしてもいいからね」と許可してあげたくなった。
何よりも今は彼女の言葉を受け止めて、彼女のタイミングで、彼女に選ばせたかった。
時に返事が遅くてぐずぐずしているようにも思いそうだが、その考える時間や過程も彼女にはとても大切な成長なのだと思う。
それが「見守る」ということなのだと思った。

断捨離の極み

物の断捨離から始まり、環境、文化、人間関係へと進めていくと、どうやら身体の断捨離も始まってきたようだ。

昨年から私は手術の可能性があることを知らされた。
「手術」という単語を聞くと、過去の痛みへの恐怖にすっかり覆われてしまい、ズルズルとそれを先送りにしていた。
なんで先送りにしているのだろう、なんでだろう?問いかけてみると、体育座りになった小さな私が私の方を見てこう答えた。

「もう二度と、身体を傷つけたくない、痛いのは嫌なの!」

痛みにとても敏感な小さな私がずっとそれに抵抗し、それをとても恐れていた気持ちがあり、それに今の私が巻き込まれていたんだ。
この過去の恐怖に襲われると、今でも涙が出るし、怖気付いてしまう。
そのぐらい小さな私は怖い思いをしたのだろうと思うと、思い切り私の腕の中で泣かせてあげたくなった。

しばらく感情を吐き出させたあと、この恐怖はなんなんだろうね?と問いかけてみると「死に対する恐怖」だという答えだった。
それは過去に自分が自分を殺したことへの死への恐怖。

手術と聞き、私は実のところ手術そのものが怖いわけではなかった。
それよりも本当は「古い自分の死」を恐れていたことが分かった…。

さらに本当に死んでしまうの?と問いかけた。
すると「それは違う」という答えだった。
古い自分を脱ぎ捨てて、新しく再生するための儀式なのだと教えてくれた…。
ちゃんと小さな私は真実を分かっていた。

新しいものを迎えるために、向き合おう。
新しいものを迎えるために、勇気を出そう。
新しいものを迎えるために、私が決断しよう。

新しさは心地よさ

新しい朝。

新鮮な食事。

真っ新なお部屋。

新しい生命。

新しいは、なんだかとても心地よい。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

【3/21】小さな私と今の私との対話記録

小さな私との対話記録

今日は身体にある感覚から小さな私との対話を進めてみた。
まずは小さな私を呼んでみた。

★身体感覚…右肩の付け根と背中あたりが痛くて眠れなくなるぐらい。
★痛みレベル…9

ー今は何をしているの?
本、読んでるんだよ。

ーそっか、何の本を読んでるの?
学校の宿題。
暗記することもたくさんあるから。

ーそうなんだね。宿題たくさんあるの?
うん、終わらないの。
試験勉強もしなきゃ。
(何度も暗唱したり、一生懸命に書いてる姿)

ーそうか。試験勉強なんだね。
うん、完璧にしないといけないの。

ーなんでそんなに完璧にしないといけないの?
うーん、完璧じゃないと怖いから。
完璧だったら、絶対に怒られなくても済むから。

ーそっか、怒られるんだ。
怒られるかもしれないからかなぁ。
宿題ができないと殴られるから。

ー殴られるの?
うん、前にね、ぐずぐずしてるのを見て、母親からそろばんが割れるまで殴られた。
その時ね、私はノロいから、その分努力しないといけない。
だから完璧にならないといけないの。

ーそうだったんだね。
うん、痛かった。
すごく怖かった。
すごく辛かった。
怖かったから頑張るしかなかった。
緊張してた。

ーそうだったんだね。痛かったんだね。
うん、だから痛くないように完璧にするの。

ーじゃあ、守りたかったんだね。
うん、怖くないようにしたかったから。

ーそうか、今はもう怖くないのは分かるよね。
うん、今は安全。

ーじゃあ、本当はどうしてほしかった?
待ってて欲しかった。
私には私のペースがあるから。
見守ってて欲しかった。
そんなに急かさないで欲しかった。
そんなにせかせかされるのはすごく嫌なの。

ーそうなんだね。
そのくせが抜けなくて、ついついやりすぎちゃうんだ。
体も酷使するのも忘れるぐらいにやりすぎちゃうんだ。
そのくせが抜けない。

ーそうだったんだね。だから肩が痛くなるまで頑張っちゃったんだね。
うん、ついついそうなっちゃった。

ー本当はどうなりたい?
体も心も私の一部。
私のペースで自由にやりたいよ。

ーそうか、今まで親の言うことを真に受けて、真面目にじっと頑張ってきたんだよね…。
今までそれに気づかなくてごめんね。
毎日、毎日一言一句間違わないようにすごく頑張ってきたよね。
ずっと無視しててごめん、許してね…。
(泣いてる…)
おねーちゃんは、いいよ。
許してあげるよ。
おねーちゃんは私のこと好きだからいいよ。

ーありがとうね、私はね、あなたの存在が分かってからはね、あなたのこと…小さな私をとてもとても愛してるよ。
まだ不器用だけど、愛していきたい。
(泣いてる)
うん、私も愛してるよ。
おねーちゃんが私のことを愛してるのもちゃんと伝わっているからね☺︎☺︎☺︎

★対話後の痛みレベル…5
★気づき
今回はショックが大きかった特定の場面というよりも、小学校の時に常日頃から緊張を抱えていた場面が現れた。
完璧にしないといけないという考えに囚われ、追われるように勉強していた。
その真面目さゆえの緊張感が習慣となり、私の肩にある石のような塊の感覚として集合しているような感じがした。
もっと体の感覚にも注意を払って、肩の力を抜いてリラックスすることを教えてくれているように思う。
「のびのびと、柔軟に」

追記…一日経つと、嘘のように肩の痛みが消えて久しぶりによく眠れました。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

【3/19】小さな私と今の私との対話記録

小さな私との対話記録

なんとなく、小さな私はどのぐらいまで育ってきているのか知りたくて自分のアルバムをペラペラとめくってみた。
その中で気になった私をピックアップしたのがこの写真。

驚くべきことに、一年前まではもともとは3-4歳の幼稚園のまま止まっていたのが、小学校低学年ぐらいまでに成長していた。
まだ恥ずかしがり屋でもあるが、少し笑えるようにもなってきている。
思わずまたこの子に質問してみたくなった。

ー今、何してる?
うん、ぼーっとしてる。

ーそうか、ボーッとしてるんだ。
うん、何もしない。
くつろいでるの。
ここ、大好きだから。

ーそっか、ここは好き?
うん、今までで一番大好きな場所。

ーそうか、おねーちゃんも大好きな場所。
うん、静かで、安全だし、ご飯も食べられるし、何をしても許されているし、大好きなお花もいるし自由なのがすごくいいな。

ーそうか、自由なんだね。
うん、自由なのが大好き。
何をしても許されるから。

ー自由が大事なんだね。
うん、とても大切にしている価値観。

ーそうなんだね。他にも大切な価値観はある?
うーんとね、お互いが心地よい関係。
どっちかが我慢するとかじゃなくてね、お互い調和が保たれている感じが大切。
他にはね、イエスもノーも自由に言える関係。
そんなのがいい。
いい悪いとかの個人的排除をしない世界。
お互いの存在に対する尊重ができるし、自尊心を大切にしたいよ。

ーそうか、色々あるんだね。
うん、今までは私を犠牲にし過ぎてた。
私さえ黙ってたらいいんだと思ってたけど、そうすると誰も幸せになれないってやっと気づいたの。
けれども、これからはこの価値観に塗り変えていきたい。

ーうん、絶対にできるよ。
うん、おねーちゃんと一緒なら大丈夫。

ー☺︎☺︎☺︎
☺︎☺︎☺︎

★気づき
あれだけ緊張していた小さな私から、今は心からくつろぎリラックスしている感覚を味わえてとても嬉しく思った。
よく母親からブスと言われていて、昔の写真を見るのも嫌だったのだが、よく眺めて見ると、むしろとても可愛らしい私だったんだなぁと肯定的に捉えられたことがまた嬉しかった。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

【3/18】小さな私と今の私との対話記録

小さな私との対話記録

「小さな私」の存在を認められるようになってからと言うもの、何かが大きく変容しようとしている。
この子の存在が分からなかった時は、常に目の前にいる他の誰かに認められるための説明や理由が頭の中に埋め尽くされていた。
でももうそんなことも要らなくなった。
ただ、この子が喜んでくれる。
それだけで嬉しい。

★場面
幼稚園か小学校の頃、母親とお風呂に入った時、乱暴に頭からシャワーをかけられた。

★感情レベル(悲しみ)…8

ーどんな感じがしたの?
あのね、いじめられたと思った。
そして私は粗末に扱われる人間だからそうなんだって思った。
そして、私は母親に嫌われているんだって思った。
そしたら悲しかった。
私は要らない存在なんだって思うと目の前が真っ暗な感じがした。

ーそうか、目の前が真っ暗に感じたんだね。
うん、生きてはいけないって烙印を押された感じがした。
あの頃、親に認められないってことは、心は殺されたことに等しかったから。

ーそうだったんだね。
うん、でも子供は言い返せないでしょ?
だから黙ってた。
じっと誰にも言えないまま黙ってたの。

ーそうか。苦しかったね。
うん、家庭のことは特に誰にも言えなかった。
そんな風に、心の内を誰にも言えない苦しみを抱えてたんだよ。

ーそうだったんだね。これからはおねーちゃんに言えばいいからね。
うん、おねーちゃんにだけは話せる。
だっておねーちゃんは、未来の私だから。
何でも話せて嬉しい。

ーうん、そうだよ。何でも吐き出せばいいからね。
うん、あの時、オンマはずっと怖かった。
いつもイライラしてた。
笑った顔が思い出せないの。
どうしても怖い顔しか思い出せないの。

ーそうか。
オンマがイライラしてると緊張する。
全部伝わってくるの。
そのエネルギーをもらうとしんどかった。

ー何でそうだったんだと思う?
うーん、子供がたくさんいて、やることが多くて、一人で抱えて、でも認めてもらえなくてイライラしてたんだと思う。

ーそうか、ちゃんとわかってるんだね。
うん、分かってたから黙ってた。
仕方ないんだって諦めて生きてた。

ーそんな風に考えてたんだね。
うん、そう。
私たちがいい子になれば負担が減ると思ったから。

ーそうか。
うん、そうすれば幸せになれるのかなって思ったんだよ。
そう思って必死だったの。

ーそうか、幸せになりたかったんだね。
うん、その方法を探してただけなんだよ。
ただ、幸せになりたかった。

ーうんうん、分かったよ。その方法しか思いつかなかったんだよね。
うん、あの時は痛みを取り除きたい、そのことしか考えられなかったから。
痛みがなくなれば幸せになると思ってね、感じることをやめたの。

ーそうだったんだね。
うん、あの時はそれでうまくいったんだけどね、今はその方法だともっと苦しくなってたみたいなの。

ーそうか、じゃあ今はどうすれば幸せになるんだと思うのかな?
えーとね、「怖い」から始まる行動をやめてみるの。
例えばね、怒られたくないから黙ってるとか、失敗したくないからやらないとか、嫌われたくないから人に合わせるとかじゃなくてね、チャレンジしてみたい、面白そうだからやってみようとか、これをやると成長しそうとかって動機から動いてみてね。
今までは不安で行動することもあったかもしれないけど、これからはチャレンジ・成長・嬉しい・楽しいってところを意識してみてね。
そしたら、同じエネルギーが自分に戻ってくるはずだよ!!

ーそういうことか!分かったよ!意識してみるね。
☺︎☺︎☺︎

★対話後の感情レベル…4
★気づき
小さな私は…ただあの頃は、恐れの痛みが多すぎてそれを取り除きたい一心で、感じることを封印していたことが分かった。
そして、ひとつひとつの悲しみ、苦しみ、悔しさ、怒りというエネルギーに寄り添ううちに、痛みが和らぎ癒され、もう一度感じる力が湧き出てきた。
すると、チャレンジ・意欲・成長・興味・好きという動機から行動することこそが、私の喜びと感動と繋がっていたことを知った。

そして気づいたこと。
それは、昔も今も、私はこの生命に宿ったエネルギーを全身全霊で使い、ただ感じたい、それこそが生きることなのだと、心の奥底ではずっと知っていたということだった。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ