書く癒し

幼い頃に置き去りにしたままの「小さな私」を癒し、自らを育て直すための自己観察記録

「ありのままを受け入れる」の再考と気づき

「ありのままを受け入れる」

これについて、私はひとつ、大きな勘違いをしていたようだ。

それに気づかせてくれたのは、いつもお世話になっているカウンセラーの方が主催するお話会での言葉だった。

『「私の内側で起こっていること」を全て受け入れる』
「他の人が言うことを信じる必要はない」

数日経過してハッと思ったのは、私の中でずっと「ありのまま」を受け入れる対象というのは、私とそれ以外の人すべてのことだと思い込んでいたようだった。

極端なたとえで言うと、昔に母が私を虐待したことがある。
昔に母がした数々の理不尽なことたち。
それを私は甘んじて全て受け入れなくてはならないのだと思い込んでいたようだった。

でも、本当はそんな小さな私が理解していたこととはもっとかけ離れたところに真実は存在しているようだった。

本当は「私は母から虐待された」という出来事を通して、あの時何も言い返せず黙っていた悔しさ、耐えきれないほどの強い痛み、親を心から憎んだこと、親を殺したいと思うほどに恨んでいたこと、親とはもう縁を切りたいと思っていたこと…。

そんな「私の」内側で渦巻いていた感情から「私は子供なのだからそんなことを思ってはいけない」などと目をそらししたり、抑えることなく直視し、私の世界にしっかりと迎え入れることだと分かった。

また、逆を返して言うならば、もし外側で誰かが私について直接、何かを語ったり、仮に私に批判していることがあるとしたら…。
それはあくまでのその人の内側で感じているものであり、私のものではないということでもあった。

たとえば、三年以上前に起こったある会話の一コマを未だに覚えている人がいて、数年ぶりに連絡がきたと思えば、開口一番、そのことについて平謝りされたことがある。
実のところ私はそんな場面の一コマはすっかり忘れていたし、正直なところ、私にとってはどうでもよい出来事だった。
その時は、その人が言うことを黙って聞き、別に気にしてないよと伝えたが、心の中では妙な気分が残った。

その出来事をじっと眺めてみた。
すると、その人は本当は私に謝りたかったのではないのだと思うのだ。
「私に謝る」ことを通して、自分の中で起こっている何かしらの感情を消化させたがっていたように思う。

その体験を通して私は、相手もまた「私」という姿や行動を通して、その人の内側で何か消化し切れていない気持ちや心残りなどの感情が湧き起こり、耐え切れず批判したり、謝ったりという行動をしているように思った。

すると、混乱で固まっていた心がスーッと溶けていくような気持ちになった。

あぁ、そうか。
私の内側で起こっていることに集中すればいいんだった。
いや、私は、私の内側で起こっていることしか分からないし、受け入れるしかないんだ。

そう考えると、またひとつ「私」と「あなた」の境界線がクリアになり、またひとつ肩の荷が下りたような、とても軽やかな気持ちになった。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

鏡の世界

もし、ここに生きてる場所が全て、鏡の世界だったとしたら。

私はきっと、これからも新鮮で広い世界と接し続けていることだろう。

そして、色んな経験の中で、暗闇のどん底を経験して必死でもがくこともあるだろう。
けれども、その小さな暗闇の世界から優しく照らす光を見出し、その世界から抜け出す術を見出していることだろう。

その過程の中で、ゆっくりと、そして、どっしりと自分だけの根を下ろしながら、年を重ねていくことだろう。

そして、この人生の道の中で、一生を共にする大切な人を映し出し、その人と共に歩み続けていることだろう。

その過程と家庭の中で「純粋な美しさ」と「のびのびとした自由さ」をそこに映し出し、表現し続けていることだろう。

そうこう人生を歩んでいるうちに、調和の取れた平和な世界を築いていることだろう。

鏡の世界。
それは、わたし自身の価値観の世界がそこに全て反映していた。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

隙間

最近、日常生活において当たり前過ぎるほど当たり前の動作について再考するようになった。

たとえば最近ずっと気になっていたことは「歯磨き」。
「歯磨き」という言葉があるぐらいなので、歯を磨くわけなのだが、私は実は歯の細部まできちんと見ていなかったことに気づいた。

鏡を見ながら、歯の細部をもう一度しっかりと眺めてみた。
すると、その隙間が気になりだした。

歯と歯の間の隙間。
歯と歯ぐきの隙間。

そこにゴミや歯石がたまりやすかったり、そこにトラブルの原因が隠されていたことに気づいた。

その隙間をついうっかり見逃したままにしていて、そこから出血したり、歯ぐきが弱るといった問題が発生する。

そしてふと思ったのが、心にもこんな隙間が存在しているのではないのだろうか。

パッと見には目立たないほんの僅かな隙間。

その隙間をほったらかしておいたままにしていると、そこから負のエネルギーが増幅し、いわゆる「厄介者」と呼ばれる存在が一同に集まっているのだと思った。

心の隙間はきっと、見た目には問題にはならないとてもとても「ささいな違和感」なのかもしれない。

そんな隙間にいかに目を向けられるのかどうか。
そこをいかにじっと細やかに見つめ、気づき、そして丁寧に扱ってやること。

どうにか基本的な自分へのケアが慣れてきて、今は隙間の丁寧で細やかなケアがとても大切な時期のような気がする。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

【6/19】小さな私と今の私との対話記録

気づけば、久しぶりのワーク。
昨日、コーチングをお願いしている方からいただいたメッセージからひょっこりと出てきた小さな私との対話。

ー今日はどんな感情にフォーカスしたいですか。
「私の話を真剣に聞いてくれる人も、真剣に理解しようとしてくれる人もどこにもいない」
「私に対する無関心」への深い悲しみ。

ー深い悲しみですね。
はい。そうです。

ーでは、この深い悲しみは、体のどの部分にありますか?
眼球の奥の方。

ー奥のどの位置ですか?
両目の眼球の逆側全体です。
この想いが刺激されると、涙腺が崩壊しそうになります。

ー他にも感じる箇所はありますか。
二次的に喉が閉まるようなひっぱられるような感じがあります。

ーでは、この二つは繋がっているということですね?
はい、そうです。

ー分かりました。ありがとうございます。
では、この分布しているところの色は何色ですか?
暗いグレー。
今にも雨が降りそうなどんよりした雲。

ーどんな形ですか?
眼球の奥に、体育座りで顔をうずめてまるまっている幼稚園の頃の私がいます。

ーその子を触るとどんな感じがしますか?
手をパンとはねのけて拒絶してしまいます。

ー表情はどんな感じですか?
うずくまっているので、顔は見えないです。
誰の話も聞かないし、誰のことも見てない。
ひとりで泣きながら震えています。

ー顔を上げてもらうことはできそうですか?
はい…。
絶望に満ちた深い悲しみのよう。
顔は涙でぐちゃぐちゃになってしまっている。
涙がずっと止まらない。

ーこれらを描写してみたら、今、どんな感覚がしていますか。
同じように涙が止まりません。
タイムスリップしてあの頃の私に会っている感じがします。

ーでは、その子とお話しできるか聞いてみてもらえますか?
はい(イメージの中で、しばらくその子を優しく撫でて見る)

ーどうですか?
ちょっと待ってくださいね。
もう少し時間をください。
(落ち着くまでその子の隣にいる)

今なら大丈夫そうです。

ーでは、その子の役割が何なのかを聞いてみてもらえますか?
はい。
「心と体の痛みから守っているんだよ」、と言っています。

ー痛みから守ることを通して、どんな目的を果たそうと思ったのかな?
もちろん、私の命の危険から守っているんだよ。

ー今、この子の表情に変化はありますか?
はい。
今は泣き止んで、ほんの少しの隙間から私の顔をチラッと覗いています。

ー「ずっと私の命の危険から守ってくれていたんだよね」とこの子に伝えたら、どんな反応ですか?
声を出さずに頷いています。

ー「今までずっと守ってくれてありがとう」と相手に伝えてみてください。
はい。
伝えました。
ちょっと不思議そうな顔をしました。

ーなんででしょう?
…。

あぁ、多分。
今までこんな冷静に言ってくれたり、子供に対してありがとうと伝えてくれる大人に会ったことがなかったからかもしれないですね。

ーそうでしたか。なるほど。
では、次にこの子に、もし十分に体と心を守ることができたのであれば、その時は本当はどうしたいのかな?

無邪気に遊びたい。
無邪気に笑いたい。
無邪気にはしゃぎたい。
無邪気に喜びたい。
無邪気に感情を表したい。
無邪気に振る舞いたい。
無邪気におしゃべりがしたい。

ー無邪気に、がキーワードのようですね。
はい、そのようです。

ーでは、もう少し掘り下げてみますね。
これらの無邪気な振る舞いを十分に味わったとしたとして、その次にはどうしたいですか?
私は大丈夫なんだ。
私は存在しているだけでいいんだという自己肯定感を養いたいです。

ー今の体の感覚はどうですか?
涙はすっかり止まって、気分はスッキリして、我に返ったような感じです。

ーでは、質問を進めてもいいですか?
はい、大丈夫です。

ーこの「自己肯定感」というものが十分に自分に与えられたとしたら、さらにどんな素晴らしいことをしたくなりますか?
美しいものともっと触れたくなる。
イタリアの美しい建物を見る。
美しい自然のある風景に触れる。
おいしい食べ物を食べる。
大好きな花を育てるガーデンを作る。
感じたことを大いに語り合える仲間とその空間で時間を楽しむ。
つまり、五感を喜ばせる。
こんな感じです。

ーなるほど。五感を喜ばせるのですね。
はい、そうです。
心と体が温かくなります。

ーでは、その五感を十分に喜ばせることができて心と体もあったかい感じがあったならば、次にどんな素敵なことがあると思いますか。
きっと同じような人たちが集まるのだと思います。
そして、個性が認められ、調和がある世界が創造されていくのだと思います。

ーなるほど。個性が認められ、調和がある世界が創られると、どんないいことがあると思いますか?
次の世代にもこの平和な世界が維持されます。

ーありがとうございます。
はい。
こちらこそ、聞いてくれてありがとうございました。

★ワーク時のキャラクター
「体育座りで顔をうずめて絶望に満ちた私」

★ワーク後の身体の感覚
ワーク中、涙腺が緩みっぱなしで感情に支配されてしまっていたのだが、ワークを進めるうちに目がしゃっきりし、冷静になっている自分がいた。
寝る前にワークをしたのだが、大抵のワークが終わるとぐったりしてしまい、途中でぐっすりと眠ってしまった。

★ワーク後の感想
ワークをした翌日にこのまとめをしているのだが、夢を見たような気がする。
普段、夢を見たという自覚があまりないのだが、今日はおぼろげながら夢を見たようだ。

その夢は、父親と母親に向かって言いたかったことをぶつけているようだった。
何を言ったのかはさっぱり覚えてはいないのだが、夢の中で、言いたいことを言ったということは、私の中で大きかったように思う。

今まではそんなことを言う隙間もなく、言葉を呑み込んでいたのだろう。

人間関係においても、言葉を呑み込んでしまうことが多いのだが、まずは感じたことを口にすることが大切なのだと思った。
さもなくば、話し手に完全に同調していると勘違いされることもあるからだ。

また、インナーチャイルドワークを何度も行なっているうちに気づいたのは、マズロー五段階要求の第一段階(生理的欲求…食べる・飲む・眠る)もしくは第二段階(安全欲求…雨風をしのぐ家・健康)において危険にさらされた過去の出来事とリンクして現れてくることだった。

そして、この子を少しずつ育てているうちに、第三段階(社会欲求と愛の欲求)、第四段階(承認、尊重欲求)のニーズが顔を出しているのではないかなと言うことだった。

インナーチャイルドワークのたびに、まだこんなに出るのかと、時にがっかりすることもある。
けれども、こうして成長段階の階段をまとめてみると、確実に成長はしているような気がしてきた。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

個性を育てる

花を育てながら気づいたこと。
同じ椿にもよく見れば、歴然とした個性があった。

ベーシックな形もあれば。

こんな薔薇のような椿もまたよし。

ユニークな桃のような椿も 笑

個性があれど、美しく輝きを放っているという点では同じだ。

そしてふと思い出した。
同じ人間の中でも、違いがあるということを。

違いはときに怖さを感じる。
その怖さに覆われてしまうと、それは排除や差別という結果につながり、なかったことにするという行動に走るように思う。

私の生い立ちが既に少数派であったり、排除される側に立ったり、遠ざけられる経験も幾度となく経験した。
その度に人知れず何度も悔し涙を流したことを思い出すと、また胸がキュッとなり想いがこみ上げてくる。

昔は多数派であろうと努力したこともあった。
けれど、心はどんどんと枯れていくだけだった。

だから、そんな不毛な努力をもう捨て、人間の奥に秘められた違いをもっと深く見つめられる道を進みたいと願うようになった。
そして今は「違いを楽しむ」というフレームで世界を見ていたいと思う。

そのときの世界は、とても壮大で、多様性に富んだ自由が広がっているのではないかなと思う。

だから私は、違いを見出し、違いを認め、違いをとことん楽しめるような人間でありたい。

そんな個性の花を咲かせられたらいいなぁとぼんなりながら思った。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

価値観という根っこ

今の私は、古いものを削ぎ落とし、これらの根を新たに下ろしているような感じがする。

「心身の癒しと健康」という根っこ。
「自己尊重」という根っこ。
「自然との調和」という根っこ。
「自由」という根っこ。
「感謝」という根っこ。
「正の循環」という根っこ。
「自己選択」という根っこ。
「Win-Win」という根っこ。
「感じることを表現する」という根っこ。

これらの根を下ろした先に、どんな花が咲くのか、どんな形なのかも予想もつかない。

けれども。
それはきっとこの花のようにキラキラと輝き、美しさを纏っていることには間違いない。

だから、ゆっくりと、確実に。
毎日、たゆまず光を与え続けるように。
一歩ずつ、どっしりと根を下ろしていこう。

それがきっと、生きるということなのだ。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

批判の裏側にあったこびりついた思い

相手を強くなじりたくなるときがある。
相手を強く否定したくなるときがある。
相手を強く批判したくなるときがある。

この批判の感情に激しく覆われると、私は手のつけようがないほどの感情の渦に呑み込まれてしまう。

なぜ、私をこんなにも尊重しない?
なぜ、私の意見をこんなにも無視する?
なぜ、私を愚痴のゴミ箱のような扱いをする?
なぜ、私の意見を聞こうとせずに強引にことを進める?
なぜ、私のことだけ怒鳴る?
なぜ、私だけが犠牲になる?
なぜ、私がしたことを否定する?
なぜ、私の空間に平気で侵入する?
なぜ、私の選択をあなたが覆す?
なぜ、私だけを仲間外れにする?

なぜ、なぜ、なぜ…?

こんな「なぜ?」という批判の気持ちの裏側。
そこにこびりついていた想い。

その想いの真相…。

それは、大人になった私がこの「小さな私」の存在を無視し続け、こんな冷たい仕打ちをし続けていたことにあった…。

いつも外からの要求を受け入れ続けてきたことは棚に上げ、大人になった私が「小さな私」の意見を無視していた。

大人になった私が、この子の意見をずっとかき消して、なかったことにしていた。
大人になった私が、ずっとこの子だけに犠牲を強いてきた。
大人になった私が、ずっとこの子を無意識に否定し続けていた。
大人になった私が、ずっとこの子の空間を侵し続けていた。
大人になった私が、ずっとこの子のやりたいことを無視し続けていた。
大人になった私が、ずっとこの子を利用していた。

そんな「大人になった私の身勝手さ」が根底にこびりついていた。

小さな私はそんな私をなじっていた。
小さな私はそんな私を否定していた。
小さな私はそんな私を強く批判していた。

「今まであなたを尊重せずにごめんなさい…」

今はどうしてもこの言葉しか見つからない。

そして今は、このこびりついた想いを抱えた「小さな私」の隣に一緒にいることしかどうしても思いつかない。

★いつもご訪問ありがとうございます。応援して下さる方は下のバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ